磯釣りメインの釣師、池永祐二。これまで200種以上のお魚さん達と出会っています。東九州の磯釣りメッカ大分から釣りと自然を紹介しています。 初めての人は右の【まとめて見ると楽しい】から見たい項目(釣り・テクニック・魚・鳥・植物)などをどうぞ。
3253. 3252. 3251. 3250. 3249. 3248. 3247. 3246. 3245. 3244. 3243.
先週はメイタ(チヌの小型)一匹だったので、再チャレンジに行ってきました。

今回は4人での釣りです。それも午後から夕マズメまでを狙い、チヌのロクマルやハチマルマダイなど、夢は大きく広がります。

12時30分に船を出してもらい、夕方の17時30分までを狙うのです。蒲江の実績は朝マズメよりも夕マズメで大型が出る確率が高く、釣行計画も楽に組むことが出来るのです。

筏の上で昼食を食べた後は釣り開始、マキエを入れ始めたのが13時30分頃で、私は船付場の内側、うみんちゅさんは私の後ろで北端から、旅彦さんは私の正面地向き、タコの親分さんは、トイレの手前で本命の釣り場でした。

マキエはオキアミ生を6㎏・グレナビを2袋・押しムギ1㎏を丁寧に混ぜたもの。サシエは大きめのアオイソメ、オキアミ生やボイルは準備しませんでした。

私の場所は竿下で14mほど、湾内なので潮の動きは極ゆっくりです。この深さをマキエと同じくらいの速さで、サシエを送り込むにはガン玉を打たない方が良いのですが、前回と同様に風も少し吹いている関係上、ゴム張りガン玉の3号を取り付けて狙います。

サシエが底に到達するまでは3分以上かかりますが、ゆっくり落とし込む事によって、浮いてくるマダイやチヌも釣れる確率が高くなるのです。サシエが底から20㎝位まで落ちたら、ウキ止めによってタナが一定にキープされます。

でもこのまま流し続けると、サシエのアオイソメが動かなくなり、棒状になってしまうので、魚へのアピール力が低下するのです。そこで使うのが誘いのテクニック。サシエを1~1.5mくらい引き上げるのです。時間的な間隔は30秒くらいに一回でしょうか?追いのマキエを打ちつつ、誘いを入れながら流すのです。

誘いの効果は、誘いあげる動作で水中に振動波が生まれ、他所を向いている魚が側線で感じとってくれます。再び落下するアオイソメが良く動くので生き物に復帰します。今一つは、底や海草にへばりついて、魚から見えにくくなったアオイソメを剥がし、再び海中を漂よわせる事が出来るのです。

こんなテクニックを使いましたが、ウキが引っ張り込まれたのは5回だけ。釣れてくれたのは3匹の小型マダイ。今回の夕マズメも振られてしまったのです。

そんな中マダイが一匹。タコの親分さんが釣ってくれました。16時過ぎだったので俄然ファイトが沸いたのですが、残念ながら一回こっきりの魚信になりました。

私が釣ったマダイはこれくらい

夕マズメの竿曲げ

マダイは海中で見るのが美しい

会心の笑顔です


この筏の大型は、3月までおあずけでしょうか?


釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
コメントする (初めての人は挨拶から・・)
NAME : 
TITLE : 
COLOR : 
MAIL ADDRESS : 
URL : 
COMMENT : 
PASSWORD : 
来てくれてありがとう。
FX初心者の入門講座



ブログ内検索
厳選・特選リンク集
最新のコメント
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
今日の月の状態は・・
アクセス解析
バーコード
見た事ありますか?


大分港の潮は?
|
shinobi.jp