磯釣りメインの釣師、池永祐二。これまで200種以上のお魚さん達と出会っています。東九州の磯釣りメッカ大分から釣りと自然を紹介しています。 初めての人は右の【まとめて見ると楽しい】から見たい項目(釣り・テクニック・魚・鳥・植物)などをどうぞ。
4530. 4529. 4528. 4527. 4526. 4525. 4524. 4523. 4522. 4521. 4520.
トップウェルネス大分の講座を受け持って3~4年?現在は4名がレベルアップを受講中。

月に二回の講座を三ヶ月単位で行い、その内の一回は実釣講座が組み込まれており、今回は3名が米水津の磯でグレ釣りの実釣に参加してくれました。

折からの西高東低の気圧配置で"沖の観音”は北西風が強く、いつもの船付き周辺の足場は斜め前からの強風が吹き荒れる一日で、非常に釣り難い状況でした。そんな中、東の先端とその横の足場の低い場所だけは、追い風なので良い釣果に恵まれました。

海水温は朝の船の水温計では18.3℃でグレ本番の感じです。前日のグレも1~2ヒロのタナで、今回も1ヒロ程度の浅いタナでした。喰いは良い感じで明確なアタリが多かったのですが、一部でウキの沈み方が遅くてアタリなのか判断に苦しむ場面も・・・。

船付け周辺では左からの強風の中でガン玉を使い、風による道糸の悪影響をサシエに伝達しない釣りを学習出来ました。東の突端では下げ潮に乗せて沖まで流す釣りを学ぶ事が出来ました。その右隣は止まった潮に下げ潮が当たる、潮目狙いが出来たのです。

厳しい条件でしたが、今回も良い勉強会になったと感じています。

天気は良いのですが風が強い一日でした



船付けの低い場所、向かい風で一日竿を振った三寳さん

このクラスが多かったのです。この場所の最大は37㎝でした

3人が主に使った釣り座、遠景は鶴御崎

溝辺さんは確率の高い釣りを自分のものにしています

遠くを釣るのが上手くなっていて、釣果が安定しています

まだまだ上手くなる要素を備えている後藤さん

沖の観音周辺では珍しいオナガの36.5㎝

今回の講座も若戎丸にお世話になりました


米水津はグレ本番中、年末年始が期待できる状況だと思います。



釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
コメントする (初めての人は挨拶から・・)
NAME : 
TITLE : 
COLOR : 
MAIL ADDRESS : 
URL : 
COMMENT : 
PASSWORD : 
来てくれてありがとう。
FX初心者の入門講座



ブログ内検索
厳選・特選リンク集
最新のコメント
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日の月の状態は・・
アクセス解析
バーコード
見た事ありますか?


大分港の潮は?
|
shinobi.jp