磯釣りメインの釣師、池永祐二。これまで200種以上のお魚さん達と出会っています。東九州の磯釣りメッカ大分から釣りと自然を紹介しています。 初めての人は右の【まとめて見ると楽しい】から見たい項目(釣り・テクニック・魚・鳥・植物)などをどうぞ。
1782. 1781. 1780. 1779. 1778. 1777. 1776. 1775. 1774. 1773. 1772.
今回は名手のパーツではなく全部です。

鹿児島での講演会を終え、大分県の米水津での取材に臨みました。相方はG杯を5回も制している、延岡の片伯部光広君です。私より丁度10歳若いバリバリの釣り師で、今や“がまかつの顏”です。

狙いは寒グレです。九州の釣り雑誌“釣ファン”の八反田さんとの3人で、米水津の長崎鼻の北側に7時30分ごろ上礁しました。

この場所は港から出て10分も掛からないでしょう。沖から見て一番左のハナレが棹立てバエで、その右に二つの岩場が突き出ており、今回は右側(北)の足場の悪い方での釣りです。

今の時期は地磯とは思えないほどの良型が出るので、沖が混雑している時にはお奨めの場所。アオリイカも良く釣れる場所です。他魚も釣れましたが、ちゃんとグレも出ましたよ。

14時30分ごろまでやった後は、横島一番での釣りも・・・

米水津の磯釣りに行くと必ずこの光景が広がります。横島の島々

私の一匹目はサンバソウ(小型イシダイ)。片伯部君の一匹目はアオリイカ

片伯部君は潮が行かないポイントでも、じっくり粘って魚を掛けていきます

良型のフィニッシュです。ここまで体がブレる事は一切ありませんでした

マスターモデルクチブトF-50とハリス1.5号です。イシダイは運が悪い

名手の笑顔、他魚であれば釣り上げるのが難しく美味しい魚がいい


詳しくは3月20日発売“釣フアン”の5月号で見てください。

釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
コメントする (初めての人は挨拶から・・)
NAME : 
TITLE : 
COLOR : 
MAIL ADDRESS : 
URL : 
COMMENT : 
PASSWORD : 
来てくれてありがとう。
FX初心者の入門講座



ブログ内検索
厳選・特選リンク集
最新のコメント
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
今日の月の状態は・・
アクセス解析
バーコード
見た事ありますか?


大分港の潮は?
|
shinobi.jp