磯釣りメインの釣師、池永祐二。これまで200種以上のお魚さん達と出会っています。東九州の磯釣りメッカ大分から釣りと自然を紹介しています。 初めての人は右の【まとめて見ると楽しい】から見たい項目(釣り・テクニック・魚・鳥・植物)などをどうぞ。
1. 2. 3. 4. 5. 6. 7.
大分ケーブルテレビの取材の続きです。

夕マズメのアジ釣りの後は、別府市内に移動してこれからシーズンインとなる、別府湾のシリヤケイカ釣りのスタートです。

場所は別府タワーの沖で、波が静かな所です。まだまだハシリなので、シリヤケイカの平均サイズは小さいのですが、結構いいサイズも混じりました。終盤を迎えたタチウオも狙うと結構釣れましたよ。

釣具スーパーイヴの釣り船は3時間で一人3000円、昼のアジ釣りはまだまだ有望です。夜のシリヤケイカ釣りはこれからが本番です。年明けまでの期間限定でシリヤケイカ釣り・・・誰でも簡単に釣れるのがGood。

この模様は11月14日(金曜日)の“もぎたて情報局”で放送予定。

道具を持たない人には、釣具の一式を貸し出してくれます

別府の夜景を海から眺めながら、結構楽しく過ごす事が出来ます

大柄な大ちゃんが釣ると、魚が小さく見えます。本当に小さいけど・・

タチウオが喰うとイカが釣れなくなるのに・・・今回は両方ポチポチです

この日最大のタチウオは指5本級で丁度1m、ADが何気に釣ってたりして

シリヤケイカ・・今は小振りですがこれは良型です。これからが本番


シリヤケイカ釣りは、オモリを打たない完全フカセが結構釣れました。

釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
大分ケーブルテレコム㈱にお世話になって10数年・・・

私はいつも金曜日に出演していますが、スタジオトークだけで、釣りの絵がほとんどないのが実情です。その理由は色んな取材が多くて、釣りの計画をしない限り後回しになっているからです。

今回、大分国体が終わった後、時間が取れそうだったので、いつもお世話になっている釣具スーパーイヴの、イヴ丸でチョイ釣りとなった訳です。

住吉泊地から5分くらいの別府湾の一角にある、西日本電線の直ぐ沖の水深40m付近が今回のアジのポイントです。船からのお決まりコースは、アミカゴにサビキを付けて真下に下ろし、底付近でアミをカゴから出してアジを寄せて狙うもの。

少し時間が遅かったためか?腕が悪いのか?私はあまり釣れませんでしたが、23~25cm級の食べ頃サイズが食ってきます。おまけは終盤を迎えたタチウオも・・・

この放送は来週の金曜日の予定

主役は私と大ちゃんで、あとはマキエ係りのスタッフです

このポイントでも35~40cm級のアジやサバが釣れるのですが・・・

25cmくらいのアジ、夕日をバックに写してみました

日が沈む頃からタチウオ仕掛も出してみたら、大きくはないのですが・・


たまにはこんな面白い釣りも良いですね。イヴさんに感謝(^^♪

釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
釣研から新しく発売される、道糸とハリスの最終テストとカタログ撮影でした。立石名人と私の取材に、撮影スタッフが2名で張り付いています。場所は大分県の佐伯市にある米水津(よのうづ)の磯です。

実はこの取材は9月の予定でしたが、海が荒れて今回の撮影に延期なのです。
本当に良かった~(^^♪
ウエアー類が夏用じゃないので暑い時期は汗でびっしょりになるし、グレ釣りシーズンとは違うので厳しい釣りを強いられるから、好きな撮影ではなかったのです。

約一ヶ月伸びた今回は、少しは暑いものの快適です。海の中も海水温が22℃まで下がり、アレだけ多く居たイスズミも相当に減ってきて、替わりにグレが姿を現し始めているのです。

20日の初日は“沖のカンノン”に陣取り、ウネリの中からコッパグレとキタマクラ・スズメダイなどをを交わして、30cm級のグレをポツリポツリと拾いました。

午後2時からは横島4番に瀬替わりして、私はキナル方向でイスズミの60cm級に弄ばれ、取り込んだのは50cm近いイスズミと30cm級のグレを5~6枚だけ・・・40cmくらいのオナガは、浮かせてタモを差し出す時に自動リリースです。

二日目の午前中はサズリです。今日はシマノジャパンカップに出場する為に、沖縄からはるばるやって来ている、友人の新垣君が一日中見学してくれます。

ここでは立石名人が次々とグレを掛けて、素晴らしい釣技を見せてくれました。私は45cmくらいのオナガを見ながら、最後の抵抗で瀬ズレをやらかし、昨日に続いての不覚\(◎o◎)/!ウスバハギの多い所でしたが、ハリスや道糸を噛まれる事は有りませんでした。

何とか絵は撮れましたが、お昼前には横島1番へ瀬替わりです。立石名人が船着き側、私は裏側を攻めてグレが多く釣れました。イスズミもかなりアタックしますが、本当に少なくなりました。昨日載せたイスズミの大型はここで取ったヤツです。

今回使った道糸なんだっけ?・・・良いです。新品をリールに巻いた時、パラケ出る事が有りますが、これは全く有りません。それでも直線性はバツグンです。摩擦抵抗が少ないみたいです。仕掛けを回収する時の水切れ性能が高いみたいです。また、ウキのラインホールを糸が抜けやすく、流石に全遊動のウキメーカーが開発に携わっているだけの事はあります。強度は1.5号でも2.5kg級のイスズミと戦えたので充分でしょう。

ハリスは硬くなく軟らかくなく、スプールから出してそのまま使いましたがOKでした。1000釣法は10mのハリスを使いますが、巻きグセのあるラインは手で引っ張って、巻きグセを取ってから使わなければなりません。これをしなくても使えたのが良いのです。

ラインには気温・水温が高めの好条件でしたが、問題なく使えました。

初日の朝、米水津湾を出るとこの様なお日様に出会えます

九州本土と、地の横島の水道を抜けると沖のカンノンが右に見えます

二日目の朝、鶴御崎半島南に位置している、サズリから釣り始める前の朝日

沖のカンノンの高い方で竿を振る立石名人、淡々と釣り上げます

スズメダイ・コッパグレ・キタマクラの中から、竿が曲がるサイズは嬉しい

二人で写真を撮り放題??初日の午前中は兎に角写します

プロは写真を撮るのが速い。5~10コマくらい撮っているのでしょうか?

製品と獲物を撮ります。これは私が釣ったグレ(メジナ)で33cm?

ハリスとオナガ(クロメジナ)サズリの際狙いで仕留めた36~37cm級?

ハリスはゼロアルファ・道糸はフリクションゼロ・魚はグレ(メジナ)

立石名人と私、釣研では今後この様なツーショットがかなり期待出来ます

沖側から見て米水津の一級ポイント群、今回は1番4番を使いました

今回お世話になったのは若戎丸。親切に動いてくれます

取材が終わって船に・・やり遂げた達成感に安堵の二人・・取材は成功

二日間とも好天で釣果に恵まれました。関係者のみなさんありがとう(^^♪


新しく開発された道糸とハリスは、11月15日?に釣研から発売されます

釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
10月20日・21日と釣研の取材で米水津(よのうづ)に行ってきました。目的はカタログ撮影と、新しく発売される道糸とハリスの実釣テストも兼ねています。

昨シーズンまでは、東レのテスターをさせて頂いていましたが、今期からは東レを辞めさせて頂き、釣研が開発する糸などに対するテスターも、合わせて行なう事にしています。

今回は新しい道糸の1.5号を使い二日間に渡ってグレを狙いました。シーズン初期で、ウネリも有り釣人が少ないので、初日は“沖のカンノン”と“横島4番”二日目は“サズリ”と“横島1番”と言う、米水津の当番瀬を使う事が出来ました。

同行者は立石名人です。二人で30cmオーバーのグレを釣りまくりました。流石に当番瀬です。本格的な季節は到来していないし、海水温も22~23℃と高めですが、どの磯もグレは喰ってきてくれました。

横島4番のキナル方向・キロオーバーのオナガを浮かせましたが逃げた!

先日の無垢島のサンバソウより大きい☆彡サズリで釣りました

1番のシロオナガ(イスズミ)は2.5kg?道糸1.5号・ハリス1.7号でなんとか・・


使用した竿はマスターモデル口太Fです。楽しい取材でした(^^ゞ


釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
釣紀行の取材が有りました。

7月1日の夕方から夜釣りで、1000釣法でアジを狙うというもの、場所は坂ノ市(さかのいち)沖の一文字防波堤です。

福岡の三太郎を出て、一路大分の待ち合わせ場所へと向かいます。高速道の別府を過ぎた時、前方に釣紀行の取材車を発見、追い越して先導しICを降りて合流しました(^^ゞ

エサなどを撮影し出港したのが16時便、雨が落ちる予報だったので、20時を目途に終了する短期決戦でした。船長は『10日くらい前から型の良いアジは釣れなくなった』との事

風向きを考え、横一文字の白灯台に近い内側の“出っ歯”に降りて釣ります。アジゴが居ません。遠投深場狙いで小型マダイ・チヌなど・・・19時になってやっとアジゴが出て来ました。19時15分からアジ狙いをして小型だけど何とか・・・。

1000釣法はグレ釣りで開発しました。応用として夜のアジ釣りに効果が有ります。その次が4月~1月のチヌ釣りにも効果。ただ、今回のアジ釣りは、1000釣法でなくても釣れるアジだったけど・・・

詳しくは釣紀行を見てくださいね(^^ゞ



水深17mでチヌ・マダイは、8~15m位のタナでアタリました。

釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
今回も二日間での撮影でしたが、二日目は低気圧の接近で荒れる事が解っていました。よって初日は現地での釣りを重点的に行ないました。二日目はトーク主体の撮影で、全ての撮影を終える事が出来ました。

二人が使ったアイテムなど、参考になるでしょう。

撮影スタッフの皆さんお疲れ様、藤園君ありがとう(^^ゞ



釣りビジョンで1月14日、磯釣り探求として放送予定です。

釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
今回の取材のメインテーマは、全遊動Xの使い方でした。釣研のグレ(メジナ)釣り・チヌ(クロダイ)釣りの円錐ウキとしての主流は、3年前から順次発売されているXシリーズです。

全遊動Xシリーズの特徴は、ウキのパイプ穴径がストレートではありません。途中で一部分が狭くなっているので、極端に言えばXの形をしているのです。この形で二通りのパイプ穴径があります。2mm-1mm-2mm4mm-2mm-4mmです。

212は細い道糸(2号以下)を使うか、近距離を重点的に狙う時に使えば良いでしょう。また風が強い時にガン玉を打って沈める場合にも良いでしょう。
424は太い道糸を使ったり、遠投主体で釣る場合・ガン玉を打ってもウキを浮かせた状態で釣る場合に有利です。

今回はケミホタル25を装着できる全遊動X-Vが、一月を目途に発売され、仲間入りをする予定です。未明から朝マズメ・夕マズメから夜釣りに移行する場合などで、とても重宝するアイテムです。



今回の撮影では藤園君が強風の中、良型を仕留めてくれます。

釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
磯釣り探求のスポンサーは㈱釣研だから、磯からのウキ釣りが圧倒的に多く放送されています。

でも私的には、ウキ釣りのジャンルを問わずに放送して欲しいと願っています。アジ釣り・タチウオ釣り・サヨリ釣り・カンダイ釣りなど、ウキを使った釣りは、磯釣りよりも防波堤や岸壁などでも人気が高いし、波及効果は有ると思うのだけど・・・

磯釣りは玄人に好まれるとは思うけど、ココまで落ち込んだ釣り業界に活を入れるには、誰もが行きやすい釣り場、すなわち(安近単)のウキ釣りテクニックを、魚種ごとに分けて情報を提示するのも考えて欲しい。

グレ(メジナ)釣りは人気が高いし、美味しいし、トーナメントの対象だから、なおざりには出来ないけど、釣りの入り口にも目を向けていきたい



このグレは良く引いてくれました。この後リリースです。

釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
秋目の磯は数日前から喰いが上向いてきたそうです。釣り場は野間池との境にある“長瀬”と“ヤナギ瀬”を使いました。若潮の後の中潮だったけど、一日中潮が動いてくれません

それでも良い磯達なのでしょう。ポツリポツリとグレが喰ってくれます。風は徐々に強くなって、低気圧か近づいています。何とか雨は落ちず、一日の取材を終了する事が出来ました。

沖も喰ったし、瀬際でも喰ってくれました。サイズは大分より一回り大きいサイズが、コンスタントに釣れます。アオブダイの大型も見えます。エサ取りは少々・・・

久し振りに彼の華麗な竿捌きを見る事が出来ました(^^♪



最初は釣れなかったけど、流石に上手い。軌道修正していきます☆彡

釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
今回の磯釣り探求の取材は藤園賢一郎さんです。鹿児島県は秋目の磯で、
釣研の全遊動Xシリーズの検証を行ないました。

2ショットで一緒に写るのは2回目?WFG世界大会の対戦以来かな?・・・ロイヤルカップの対戦では一緒に写ったのか、記憶が飛んでいて覚えていません(^_^;)

時々一緒に竿を振る機会があるけど、私より一回り(たしか午年)も年が若いのに、彼との釣りは本当に学ぶ事が多く、なんとも言えない充実感が有ります。

今回も楽しく有意義に番組を作る事が出来ました。本当にありがとうございます。



磯釣り探求の放送は1月14日の予定です。

釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
二日目は鶴見を舞台にグレを狙います

コッパグレに邪魔され、ウスバハギの猛攻を交わしてキープサイズを拾います。いきなりの取材申込みにも、軽く引き受けてくれて、何度も見回りと瀬代わり・・・速見丸さんには頭が下がる思いです。

お陰さまで無事に取材を終える事が出来ました。山本さん、厳しい取材でしたが本当にありがとうございます。スタッフの皆さん、“わこう”の船長、お疲れ様です。ナビゲーター役の私も、竿を曲げさせて頂きました(^^♪

絵は蒲戸崎での一コマです。『漁師さん、遠慮せずに潜って下さい。そちらは生活、こちらは趣味の釣りですから・・・』(^^♪



スカパー、釣りビジョンで11月12日(月曜日)が初回放送の予定です。

釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
29日・30日と磯釣り探求の取材に行ってきました。

今回は大分が誇る名手、山本さんを迎えてのグレ釣りです。今回の番組は釣研から新発売される、新しいウキを紹介するのも目的の一つです。

大分の秋磯は、四浦半島周辺から始まるのが通例なので、蒲戸崎を舞台に撮影がスタートしました。山本さんプロデュースの新しいウキを、順調に説明していたものの、本来なら釣れ始めても良いグレが全く釣れないのです。その原因はアジゴ!本当にたくさんのアジゴがいます。磯際でも超遠投でもアジゴばかりです。

ネコのハナレからカネイシに場所移動しても同じ・・・夕マズメの時合いに、グレの活性が上がるのを期待したけど、アジゴの活性ばかりが益々上がってしまい、オキアミでは全く歯がたちません。グレがコンスタントに釣れたのはネリエだけ・・・それも23cm級までで初日を終えました。



2日間とも蒲戸崎の予定だったけど、後半の一日は鶴見に変更しました。

釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
来てくれてありがとう。
FX初心者の入門講座



ブログ内検索
厳選・特選リンク集
最新のコメント
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
今日の月の状態は・・
アクセス解析
バーコード
見た事ありますか?


大分港の潮は?
|
shinobi.jp