磯釣りメインの釣師、池永祐二。これまで200種以上のお魚さん達と出会っています。東九州の磯釣りメッカ大分から釣りと自然を紹介しています。 初めての人は右の【まとめて見ると楽しい】から見たい項目(釣り・テクニック・魚・鳥・植物)などをどうぞ。
2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12.
今日は木村家の葬儀。昨日からのお参りありがとうございました。

終了後は山。めったに見る事のない小鳥を仲間たちが待っています。

その場所とは違う所で、ピンクノイバラとサイハイランを撮影しました。

仲間たちの場所に戻ると、目的の小鳥は出てくれて写真はゲット出来たとの事。

数日前に初見したアサギマダラ、今日は別の場所で2頭目の確認です。

年々歳々花相似たり歳歳年年人同じからず・・・思い出した言葉です。

葬儀会場

普通のノイバラ

ピンクノイバラ

サイハイラン


ピンクのノイバラは、勢力を拡大している感じがします。

釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
昨日7日のお話しです。

一昨日の5号地での釣りはエサを用意したものの、竿は出しませんでした。昨日の雨が止んだ10時過ぎ、そのエサを持って向かった先は白灯台の中間辺り。

先ずはいつも利用している十五万石で出前の注文。時間に余裕がある時には釣り場にも配達しますよ~。そんな過去の話しを持ち出して白灯台まで持ってきてもらいました。

相当に美味しいです。御馳走様。

チヌ狙いは港の内側も外側も狙えますが、雨上がりの南西の風を利用できる港外のポイントを攻めてみました。10m沖までは海藻がびっしりありますが30mほどの遠投で釣っていると30㎝弱のグレ。しばらくするとまっさんが余ったマキエを持って横に入り・・・

40㎝オーバーのチヌを釣ってしまいました。私はベラやキスに終わってしまいましたが、西大分港の釣りも悪くはない感じ、トータル3時間くらいで釣りは終了です。

釣り場で食べる、ちゃんぽんセットは格別でした



釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
毎年5月の連休前後は、大分市内の各所でチヌが良く釣れます。

6日は恒例の5号地でのチヌ釣りで、今回も福岡・長崎からの釣り人も参加です。

みんなで一緒に並んでのチヌ釣り・・・楽しいものです。

この場所は大分川の河口に近く、水潮と風による二枚潮攻略が釣果の秘訣。

3~4年前は本当に爆釣していたけど、今年も釣果は少なめです。

私は山から下りて毎年参加していますが、目当ては美味しいバーベキュー。

特に猟師の憲ちゃんが持ってくるスペアリブ、超旨くて幸せ一杯になります。

他にも御馳走がたっぷりで、今年も余った肉などを頂いて帰りました。

みなさんお疲れ様。色々とありがとうございました。またご馳走様でした。

5号地の消波ブロックなど



釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
初見・初写しのマミジロのオス。第一回夏羽か第二回夏羽かのどちらかです。

5月1日の午後、仲間から旅鳥のマミジロが居るとの情報が入ってきました。

いつもの坊主山だったので、翌日の6時前に行くと道から飛び去る小鳥。双眼鏡で覗くとマミジロのオスでした。早朝だったので同じ餌場へ舞い戻ると判断し、車を停めて撮影出来るようにして待つと、情報元のHOKKEさんがやってきました。

HOKKEさんも私の車に乗って待つこと20分?彼は再びやって来て、道の脇に舞い降りてエサを探し始めました。早朝で薄暗い林の中の小道、写しにくい状況でしたが、カモフラージュネット越しに撮影すると直近まで来てくれて、やがて林の奥へと去りました。

もっと居残って撮影したかったのですが、7時30分からはOCTの撮影に同行です。後ろ髪を引かれる思いでその場を後にしたのです。

3日は釣り大会で撮影には行けませんが、他の仲間が雨天の中撮影に成功。4日はオオルリやアカハラの撮影は出来ましたが、マミジロは未確認。5日は5時から6時過ぎまで待って未確認。その後は釣り。6日の今日も6時頃から7時過ぎまで粘って未確認。

どうやら抜けてしまった様です。

初めての小鳥・初めての撮影

3年以上の成鳥でない事は判断できます

HOKKEさんありがとうございました


大分は渡り鳥コースとしては西九州より少ないので、貴重な出会いでした。

釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
佐賀から福山君がチヌ釣りの勉強に来てくれました。

私のチヌ釣りはグレ釣りの延長で、レクチャー出来る様な代物ではないので、今回の指導者に木村君を抜擢。福山君に彼のチヌ釣りを教えてもらいました。

GW期間中の大分市内の防波堤や岸壁はかなりの釣り人。北から北東の風が思ったよりも強いので、西大分港の赤灯台に行く途中から、マリーナ大分を向いての釣りに決定。

8時から9時30分まで朝食をしながら、チヌ釣りの色んな話し。その後現地へと移動して私と木村君とで一緒に竿出し。福山君は見学と質問などを木村君に繰り出します。

水深は大潮の満潮で3ヒロ強。干潮では2ヒロ有る無しの水深です。おまけにニラみたいなネギみたいな海草が、かなりの密度で茂っています。釣れた海藻は数知れず、長さは30㎝~1m以上までで、海底の砂地が出ている所は非常に少ない状態でした。

私は1000釣法でオキアミの生を使い。ウキからハリまで1~2mくらいの長さに設定しサシエの沈下に対して早くブレーキが掛かる様にして海草の上を重点的に狙いました。その仕掛けに釣れたのはメイタ(小型チヌ)・コッパグレ・アジゴ・ベラなどでした。

10時過ぎから夕方の6時過ぎまで竿を振って、私がメイタを2枚・木村君は4枚のメイタでした。マキエも釣り具も準備して釣り場まで持ってきた福山君は、結局竿を出す事もマキエを打つこともせずに、釣りを見学・質問しながら最後まで熱心に勉強でした。

これまでの私の人生で、レクチャーの間一度も竿を振らなかったのは彼が唯一の人。釣りたい気持ちを押えて、名手の釣りを少しでも吸収しようとする精神に感服です。今日の我慢が将来の釣りにきっと生かされると思っています。

木村君、ありがとうございました。また、多くの見学者が次々と尋ねてくださり、楽しく過ごす事が出来ました。差し入れなども有難く頂いて感謝感謝です。

1匹目



釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
マミジロを狙って5時過ぎには山へ入っていました。

アカハラが登場~もう一羽が登場するとアカハラが追っ払いました。

もしかしてマミジロ?5時25分頃の林内は薄暗く、一瞬の出来事で識別不能。

しばらくたってアカハラが再登場、更にもう一羽が20mほど離れた位置に登場。

バトルは有りませんでした。二羽とも去って、次はオオルリの登場です。

木々を渡り歩きながらグゼリを繰り返し、一気に車の右前輪の近くに舞い降りました。

あまりにも近く、カメラを向けることなく飛び去るのを待ちました。

7時過ぎ、次々と仲間も登場。その場を譲り今日の鳥見は終了です。

・・・サンコウチョウが県民の森のいつもの場所に到着したそうです。

大分では冬鳥のアカハラ・・・北上中



釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
釣研FG北九州支部と東九州支部の合同チヌ釣り大会が、鶴見で開催されました。確か25名と24名の参加で、総勢49名での中規模の大会となりました。

チヌ釣りは若干苦手ですが、釣研のインストラクターをさせて頂いている関係上、他支部の方々と懇親を深める意味合いでも、この様な大会には進んで参加しています。

釣り場との往復道中の私の御守り役は、釣研テスターの木村君が担当してくれたお蔭で、睡眠を長く摂る事も出来たし、何よりも助手席でのんびりと釣行出来るのが有難い。

抽選ナンバーは6番で、7番クジの北九州支部の園さんと野崎の3番?に上礁です。風は右から左に向かって吹いています。過去に釣った経験と風を考慮し、園さんには左側にある砂地の沖狙いを伝え、私は右側の釣り座から正面向きを狙います。

しかしながら正面方向はコッパグレに邪魔されるのと、サシエを掠め取られることが多く、更に風が強くなったので正面より左方向の砂地ポイントの遠投狙いに変更です。

この頃から道糸が風に流される様になったので、ウキの上50㎝にG5のガン玉・ウキの下30㎝にG5のガン玉を打って、仕掛けが風に負けない様に釣っていると1枚目のチヌ。更に2枚目のチヌもゲットしましたが、今回の私の目標である45㎝には届きません。

直後にはイラがヒットしましたが、その後の2流しはエサを取られてしまいました。そこで本命ポイントのマキエを止め、磯から15m位の場所をを2回程流してポイントを休め、次の一投は本命ポイントへマキエを20杯近く打ち込んで2㎏オーバーのチヌをゲット。

・・・やっとキープです。

釣れていた本命ポイントを休め、次の一手で喰わせたチヌは納得の1枚です。その後は魚の処置をしたり、園さんが釣っている手前のエサ取り用マキエをしたり、本命用のマキエを手伝ったりしましたが、時合は過ぎたみたいで釣果には結びつきませんでした。

私は2㎏オーバーが釣れた後、10時頃に2回程仕掛けを流しましたが、風雨が強くなったので早目の納竿です。エサ取りは岩の近くではグレの小型とカサゴ・ベラ、砂底の上ではアジゴが2~3匹、チダイ・ヒガンフグもかなり多くハリのロストも・・。

3枚のチヌは正面のトギレ方向を向いた時で11時の方向でした。足場から25~30mくらいの遠投で、いずれも3ヒロ前後のタナで道糸を引っ張っていくアタリでした。

  仕掛け  がま磯 枯冴 軟調
  リール  トーナメントISO-Z競技LBD
  道糸   フリクションゼロ 1.5号
  ウキ   スーパーエキスパートUE-0C
  ハリス  ゼロα 1.5号 約8m
  ハリ   チヌR 2号
  ガン玉  ゴム張りガン玉 ウキの上G5・ウキの下G5 
  マキエ  オキアミ生9㎏+チヌの舞ホワイト2袋+グレナビ1袋+押しムギ1㎏
  サシエ  オキアミ生LL

検量は1匹の重量審査で私は3位入賞。風雨の厳しい条件で、沖磯を目指す一般客も湾内に展開する状況では、瀬替わりも出来ません。正面や横風の釣り場で難儀した方々も多かったはずで、チヌの検量が11名だけという厳しい状件の鶴見湾内でした。

大会の運営にご尽力頂いた両支部の面々、本当にご苦労様でした。この様な悪条件で事故もなく大会を終えた、参加者の皆さんご苦労様でした。そしてフルに動き回った速見丸の船長さん、今回もありがとうございました。

朝の一時はお日様の出番



釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
OCTの自然撮影の取材です。

5月上旬の県民の森では色々と被写体も多く、夏鳥のオオルリ・山フジ・終盤のエビネラン・今が盛りのキンラン・風景・緑の山々・谷のせせらぎなどをガイドしました。

OCTの糸満君は自然撮影が得意で、水中撮影から山の撮影まで、一切の妥協をしないプロ根性。ガイド役の私でも、本気で案内出来るしガイド冥利に尽きます。

7時30分から12時まで、各所を廻り初夏の自然を満喫しました。OCTでの放送は来週か再来週の金曜日“もぎたて情報局”のネイチャー写真館での数分予定。

明日の糸満君は祖母山の山開き取材、今日の取材よりもハードでしょうね。私は釣研FGの東九州支部と北九州支部の、合同チヌ釣り大会へ参加してきます。

左から由布岳・鶴見岳・お猿の高崎山

デジスコ撮影のオオルリ、上手くいきません

今が満開のキンラン

終盤のエビネ

谷のサワガニ


天気は徐々に下り坂、明日は雨の天気へと変わる様ですね。

釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
ヤマガラの手乗り体験は11月頃から4月上旬まで。

4月は主食の虫たちが多くなり、小鳥たちは子育てなどで縄張り内の生活主体。

10月の声を聞くと寒い冬に備え、ヤマガラ達は貯食行動を始めます。山には沢山のエサがまだまだ有りますが、貯食行動を利用して手乗り体験が始まります。

そして新年を迎えますが、山の食糧が乏しくなる1月後半から~3月中旬までは、手乗り体験のピークとなります。この期間は縄張りを持たず集団生活の時期で、なおかついつもお腹が満たされない状況が続いているからです。

3月の桜の花が咲く頃からヤマガラ達は縄張りを持ち始めるため、ヤマガラハウスの餌場に来る個体数は徐々に減って来て、手乗り体験は終盤を迎えます。

・・・写真は4月に手乗り体験をした方々です。

12日



釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
トップウェルネスの釣り講座受講生の三寶さんと鶴見でチヌ釣り。

実は3ヶ月の講座で最終講座は現場での実釣ですが、三寶さんだけ3月の釣りには同行することが出来ず今回の釣りになったのです。

本来は蒲江の予定でしたが、昨日から南東の風が吹いて蒲江や米水津の渡船は船止め。今日も波が有ると判断し、急遽佐伯湾に面している鶴見の磯に変更しました。

朝7時出港~15時納竿の工程で、運よく空いていた白崎一番に上礁出来たのです。この場所は湾内でもトップクラスの磯で、チヌもグレも季節によって良型が良く釣れます。4月~5月はチヌがメインですが、3月下旬までは良型のグレがかなり釣れていました。

10時くらいの干潮の流れは湾内から沖へ向かっています。先ずはお手本の一時間、少し遠投して3~4匹のチヌをゲット。ノーガンの1000釣法は2~3ヒロまで浮いてくるチヌにはベストマッチ。南東の風と潮の流れが逆なので、ガン玉の手助けは不要です。

小一時間後、三寶さんも竿を振って一投目からチヌを仕留めてくれました。10時ごろの潮止まりまでコンスタントに竿が曲がってチヌやマダイの仔など・・。

潮止まり前後は潮が右から左へと動きましたが、満ち潮になると下げ潮と同じく、左から右へと流れ始めて再びチヌラッシュ。11時頃から14時頃までは風雨も強くなりましたが、チヌがコンスタントに当たるので14時過ぎまで傘を差しながらチヌ釣りを楽しみました。

写真を整理すると私が釣ったチヌは合計12枚。三寶さんも6~7枚はチヌを釣っていると判断しています。おまけのグレは1枚づつ。オキアミ生で浅ダナチヌが爆釣でした。


チヌの型は35~45㎝クラスでした



釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
真美ちゃんの大分自然観察二日目は、午前中主体のスケジュール。

今日は山開きや自然観察会などと重なっていて、麓は大賑わい。

小鳥はメジロ・ヒヨドリ・ソウシチョウ・シジュウカラ・ヤマガラ・コガラ・ヒガラ・ゴジュウカラ・コガラ・イカル・カケス・ミソサザイ・カワガラス・アオゲラ?オオアカゲラ?オオルリ・キビタキ・センダイムシクイ・ツツドリなどの鳴き声を確認しました。

花はイチリンソウが入り口近くに群生。マムシグサやギンリョウソウがかなり点在。他にも色々とありそうですが、登山道は人が多く隠し水まで行き着きませんでした。

二人であれやこれや撮影をしますが、人通りの多い登山道付近では落ち着いて撮影出来るはずもなく、登山道から少し外れてギンリョウソウと遊ぶ時間が多くなりました。

遅い昼食後は長者原で現地解散。足かけ3日、野鳥よりも山野草に主眼を置いた楽しい時間・・・共有できて大いに満足でした。お疲れ様でした。

中腹が雲に覆われた黒岳



釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
由布院のオキナグサの自生地。

10日ほど前には10か所くらい点々と咲いていましたが・・・

昨日行ったらほとんど全部と言ってよいくらい盗掘被害。

小さな花で見学者も多いことから、花を踏まれない様に花の傍に小さな石を置いて、気遣っている愛好者が多いのに、一部の心無い人も居るものです。

掘られた後を写したのは数枚ですが、他のオキナグサも全くありません。仕方なく塚原のオキナグサを散策しましたが、この場所に生えていた3本も見当たりません。

一年に一度だけしか出会えない山野草たち。待ち望んで見る事が出来るから愛しいし、自然の中で美しさを最大限に感じ取ることが出来るのです。

山野草を盗掘したら3万円・・・こんな看板が有りますがむなしくなります。

21日のエヒメアヤメとオキナグサ

28日のエヒメアヤメと盗掘跡

他にも沢山の盗掘跡

個人観賞というより金にするみたいに感じます

情けなくなります


個人の利益追求型人間にも色々ありますが、この事例は私は相容れません。

釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
来てくれてありがとう。
FX初心者の入門講座



ブログ内検索
厳選・特選リンク集
最新のコメント
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
今日の月の状態は・・
アクセス解析
バーコード
見た事ありますか?


大分港の潮は?
|
shinobi.jp