磯釣りメインの釣師、池永祐二。これまで200種以上のお魚さん達と出会っています。東九州の磯釣りメッカ大分から釣りと自然を紹介しています。 初めての人は右の【まとめて見ると楽しい】から見たい項目(釣り・テクニック・魚・鳥・植物)などをどうぞ。
1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10.
9時10分から10時10分までの一時間、持ち時間20分で三交代の試合です。ZeroSeaから田崎さん・1000からは伊藤さん・YYからは正喜さんが第二試合に登場しました。

この試合は、5匹対2匹対1匹で田崎さんの勝ちで10ポイント獲得。彼も安定した技の持ち主で、ダイコーFFカップで全国制覇を成し遂げています。今回も各ポイントでそつなく釣果をあげて、ベテランの貫録をまざまざと見せつけました。

伊藤さんの釣りは初めて見ましたが、、流れの速いポイントでかなりの数を掛けており、その釣技はお見事でした。残念ながら500g以上の検量対象魚は2枚だけ、今回はツキに見放された感じでしたが、私的には今後の釣りをもっと見てみたいと思いました。

正喜さんは1000にもYYにも所属していますが、今回はYYの方で参加です。釣りの回数は少ないようですが、大会や行事などで裏方の仕事を嫌な顔一つしないで真面目に捌いてくれます。磯のグレ釣りの回数が少ない分、釣果が伸びなかったかも知れません。

累計ポイント
       Zero Sea 20P 
       yy      4p 
       1000    10p


正喜さん、小型も何匹か釣りましたが検量サイズは1匹のみ

伊藤さん、会長のアドバイスも有り、かなり釣っていました

クラブ員が風よけですが効果は如何に?

その直後に釣った田崎さん


北風と上げ潮はまだまだ勢いが衰えません。

釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
8時から9時までの一時間、持ち時間20分で三交代の試合です。ZeroSeaから岩崎君・1000からは平田君・YYからは小野君が第一試合に登場しました。

この試合は5匹対4匹対2匹で岩崎君の勝ち。ここ2~3年の彼の技は更に磨きがかかっており、500g未満の検量対象外を含めると圧巻の釣果で、安定した釣技は流石です。近い内に全国大会などで、その力を如何なく発揮してくれる一人として期待しています。

初出場の平田君、トーナメントに馴れていないと思いますが、コンスタントに魚を掛けていました。不運なのは最初に本命ポイントに入る様になった事?マキエが効いてグレの活性が上がるには10分くらいは必要、これがなかったらもう一枚は追加していた??

小野君はトーナメンターではなくて、釣りはそこそこの腕前です。彼はいつも笑いを振りまき、相当に度が過ぎる話が多い。私が印象に残っている彼のエピソードは、ケータイで話をしながら釣りをしていて、ケータイをトビにさらわれて海に捨てられたこと。その他にも沢山の武勇伝を持っていますが、大会の準備から終わりまでの段取りなどは安心して任せられる頼りになる男。今回も色々と心使いなど本当に感謝しています。

試合開始前の地の黒島と沖の黒島

二人に勝って10点を確保した岩崎君

一人に勝って5点を獲得した平田君

釣って負けとなり2点取った小野君


TEAM Zero Seaが好スタートです。

釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
2003年から始まった池永杯。

3クラブから、それぞれ5名ずつ選出して5回戦の団体戦を戦います。

今回も米水津の若戎丸にお世話になって、長太バエで熱い戦いが・・・

結果はTEAM ZERO SEA の3連覇で幕を閉じました。

また今回は急遽TEAM1000の参加を得て,無事に11回目の大会完遂です。

がまかつ・ボナンザ・山本光学・ヤマワ産業・ルミカ・つり万・釣研各社の
協賛も頂きtとても感謝しております。ありがとうございました。

楽しく有意義な一日でした。皆さんにも感謝です。

朝7時過ぎに全員が長太バエに集結

試合が終わってから記念撮影・・・

風は強かったものの良い天気

3連覇のTEAM ZERO SEA


正面から・横から・後ろからの強風でしたが、皆さん良く釣ってくれました。

釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
ヒューマンアカデミーの学生二人が米水津にやってきました。その学生たちと3人で竿を出したのが正月休みに入った鶴見の“オオクボ”。7時出港15時納竿の工程です。

海水温は船の水温計で18℃と高く、例年よりも1℃~1.5℃くらいは高い感じで推移しており、昨年の12月24日から0.3℃の水温低下、2週間くらい安定水温となっています。

大分の磯はグレの盛期に入っており、正月前から各地でグレの喰いが上向いています。オオクボに上がったのは7時30分頃で、8時前の一投目から27㎝くらいのグレ。・・・以後コンスタントに30㎝前後の青っぽいグレが宙を舞い、時には黒々としたグレも・・・。

青っぽいグレはシーズンになると大挙して磯近くにやって来る様で、このグレが釣れる頃になると2級~3級磯でもグレが平均して喰うようになる気がします。

以前深島の“灯台下”や“深島港の防波堤”などで見た青っぽいグレは、一ヒロくらいで回遊して来てマキエを拾い、ある程度食べると回遊しながら居なくなる行動をしていました。普通に見るグレの行動パターンとは明らかに違うグレで、これこそ回遊性のグレだと睨んでいます。今回はその様なグレが居付いて喰ってきていると判断していますがいかに?

二人はグレ釣りの初心者です。北西風が右から吹く中、満ち潮も右から左へと流れる厄介な条件に手を焼いていました。口を酸っぱくして伝えたのは、仕掛けの投入は左から・道糸を潮上に置く事・マキエは広げ打ち・サシエとマキエをキッチリと合わせるなど。

これらが上手くいくと、グレがサシエを喰って違和感を感じて放すまでの時間が長いので、釣れる確率が上がるのですが、サシエをウキが引っ張る様な流し方になると、アタリが出てもアワセが効かないパターンになってしまうのです。

グレ以外のエサ取りは磯際にハコフグ・カワハギ・少し深いタナで10m位沖まで出るのはスズメダイの少群。浅目のタナで小さなアタリが出てエサが盗られてるのは紛れもなくグレ。潮と風の向きが同じ場合は仕掛けの投入点と道糸を置く位置が重要です。

私は10時前から少し奥で釣りを始め、14時30分まで狙って1㎏クラスを4枚ほど揃え、2枚は二人にプレゼント。後で釣った2枚は初釣りご祝儀でリリースしてあげました。今年の初釣りも楽しく指導しながらグレの引きも味わったので、良い一年になりそうです。

若戎丸でゆっくり出港~陽が昇って磯へ降り立ちました



釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
24日のオナガ釣りで釣り納めになるかと思っていたのですが、天気の良い今日は急遽マダイ狙いで蒲江の丸二水産へ行って来ました。

8時出港14時30分に納竿の工程で、マダイのアタリは4回でした。大型の一枚は道糸がロープに触れてウキごと持って行かれました。他には45~48㎝級と37㎝級の3枚のみで、他魚のアタリや取り込みは一切ありませんでした。

エサ取りは中層にウミタナゴ、低層にはヒイラギが群れている様でした。重点的にマキエを打つ場所を一点に決め、7~8m程ずらした場所に本命ポイントを作って狙った結果、重点的にマキエを打った場所で1回、後はずらした場所で3回のアタリでした。

この場所は17~18mくらいの水深で、マダイ狙いに丁度良いのですが、マダイが喰ったタナは4回とも底から50㎝前後です。道糸をまともに引っ張ったのは1回だけで、後は小さなアタリの後に徐々に引く感じ。ボイルで3回・オキアミ生で1回のアタリ、底付近でのアタリはこんなものかも知れませんが、プラス動きが悪い条件になっていたかもです。

仕掛け
   竿   がま磯インテッサGⅣ 1-53
   リール トーナメントISO Z 競技LBD
   道糸  フリクションゼロ2.5号
   ハリス ゼロα 2号 約3.5m
   ウキ  エキスパートグレZ-0c
   ガン玉 ゴム張りガン玉 5号
   ハリ  チヌR 4号
   マキエ オキアミ生9㎏+グレナビ2袋+押しムギ1㎏
   サシエ オキアミボイル・生
   目印  水深17mくらいに合わせて道糸に取り付ける

釣り納めとか初釣りなどには縁のない私ですが・・・

小さなアタリから送り込んで掛けた最初のマダイ



釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
久し振りに二人での釣行、またまた米水津へ行きました。朝7時過ぎに出港すると綺麗な朝日が出迎えてくれます。沖の黒島方面へ行くと“ドウクツ”が空いており迷わず上礁。

木村君は朝の一時間は竿を振りません。いつもの様に私の釣りを見学してくれるのです。これは他の釣り人には見られない姿で、未だに学ぼうとする姿勢に頭が下がります。普通の釣り人は直ぐに釣り始めますが、この様な釣り人は非常~に少ないですね。

また、近ごろの彼は私に本命ポイントを譲ってくれます。彼が攻めるポイントは決して良いとは言えないけど、ポツンポツンと魚をかけてくれます。その魚が本命であったり他魚であったり、感心するほどの腕前で、魚を掛ける確率は私より上でしょう。

魚を掛けてからのやり取りも板に付いています。多くの釣り人が犯す前傾姿勢が少なく、1~1~1の釣りスムーズに出来ています。この釣りが出来る30歳前後までの大分の若手はあと一人で、2014年のG杯で準優勝した赤峰君です。他の若手はどちらか一つに若干の欠点があったり、まだまだ到達していなかったり、学ばなければなりません。

今回の"ドウクツ”は、グレを主体にオナガ・ニザダイ・アイゴ・イスズミなどで、8時前から14時30分までの釣りで、良い感じの間隔でアタリが続きました。特に午後からのゴールデンタイムでは、オナガのアタック回数が増え、私は不覚にも2~3発のブチ切られ。

ちなみにオナガのアタリはサシアミの1匹掛け・2匹掛けです。オキアミの生だとエサ取りにやられる事が多く、今回はサシアミに分がありました。喰ったタナは4~5ヒロくらいがキーポイント。良い潮でアタリが来ず、良いとは思えない潮で釣れました。

7時19分です



釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
トップウェルネス大分の講座を受け持って3~4年?現在は4名がレベルアップを受講中。

月に二回の講座を三ヶ月単位で行い、その内の一回は実釣講座が組み込まれており、今回は3名が米水津の磯でグレ釣りの実釣に参加してくれました。

折からの西高東低の気圧配置で"沖の観音”は北西風が強く、いつもの船付き周辺の足場は斜め前からの強風が吹き荒れる一日で、非常に釣り難い状況でした。そんな中、東の先端とその横の足場の低い場所だけは、追い風なので良い釣果に恵まれました。

海水温は朝の船の水温計では18.3℃でグレ本番の感じです。前日のグレも1~2ヒロのタナで、今回も1ヒロ程度の浅いタナでした。喰いは良い感じで明確なアタリが多かったのですが、一部でウキの沈み方が遅くてアタリなのか判断に苦しむ場面も・・・。

船付け周辺では左からの強風の中でガン玉を使い、風による道糸の悪影響をサシエに伝達しない釣りを学習出来ました。東の突端では下げ潮に乗せて沖まで流す釣りを学ぶ事が出来ました。その右隣は止まった潮に下げ潮が当たる、潮目狙いが出来たのです。

厳しい条件でしたが、今回も良い勉強会になったと感じています。

天気は良いのですが風が強い一日でした



釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
21日に27名が参加して米水津で開催されました。

この大会はWFGの予選を兼ねていますが、私は夜の忘年会参加もあるので皆より早く納竿しなくてはなりません。今回一緒に瀬上りしたのは新規に入会した藤本君。

まだ若いのに釣りはかなり上手でしたが、磯へ上がる時にちょっとした不具合が見られたので修正注意。その他にも数点ほどマナー面での指導などをしておきました。

磯は鶴見の渡船も利用している“大久保”です。北西風が強くて釣り難かったのですが、昼前からは北よりの風になって釣りやすくなりました。ただしグレの喰いはかなり渋く、アジゴのアタリの様に咥えても直ぐにエサを吐き出します。潮回りなのか釣りやすいグレは少なく、エサをほぼ毎回グレに取られる状況がかなり発生していました。

1~2ヒロまでの浅いタナでグレのアタリ、2ヒロくらいのタナでオナガのアタリです。獲れたのは40㎝未満のサイズで、私は一回だけオナガにぶち切られました。4~5ヒロくらいまで深く入れるとニザダイやアイゴ・ブダイなどの他魚が多くなりました。

藤本君は総体的に深く入れていた様に感じました。ニザダイの強烈な引きが多かったのですが、磯際での攻防中に突然沖へ走る独特な引きは、傍からみていてもニザダイそのものでした。磯での強い引きを何度も体験すれば、釣技の向上にも繋がるでしょう。

・・・今後が楽しみな若者ですね。・・・私は一足早く帰港です。

今回の渡船は功明丸にお世話になりました



釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
昨日はTeam Zero Seaの大会で米水津に行っていました。

今回は参加者が少なくて7名だけ、よって私は若手二人と小貝バエに上礁しました。天気は上々ですが、西高東低の気圧配置で北西風はかなり強く吹いています。

小貝バエのポイントは基本的に船着きと西の鼻で良く釣れます。その場所を若手に譲って10mくらい東側の少し低い足場から竿を振っていると・・・3匹目に強烈なアタリ、磯際に突っ込んでくる大物を何とかなだめて巻き込んでいるとプッツンです。

どうやらオナガの洗礼を受けた様で、その後は大型のアタリはなくて、30m位遠投を繰り返しても、30㎝未満のオナガ交じりで30㎝級までのグレがポツンポツンの釣果です。若手二人も数こそ少ないものの、14時の納竿時間まで楽しむ事が出来ました。

エサ取りは思ったよりアジゴが少なくてクロホシイシモチ(キンギョ)とキタマクラが少し邪魔をする程度でしたが、時間が経つにつれてトウゴロウイワシが集まってきました。トウゴロウイワシはマキエをほとんど喰い尽くすので、多めのマキエと大き目のサシエを使うと有効です。

・・・朝マズメのウツボ掬いがラッキーな一日でした。海水温は数日前から19℃台へ入り、グレの釣果がようやく安定する水温になってきました。


釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
第33回G杯争奪全日本がま磯グレ選手権・・・スタッフ参加で今帰宅。

12月7日から9日まで、五島の福江で開催されていたG杯グレは、昨年度準優勝していた愛媛の篠原選手が見事な優勝で幕を閉じました。準優勝と3位は大分の若手、赤峰君と城本君が揃ってお立ち台へ登る快挙でした。

また、大分が誇るグレ釣り師の猪熊君は準々決勝戦での涙。

今年も沢山のドラマがありましたが、無事に3日間の日程を終了です。

関係者の皆さんお疲れ様、色々とありがとうございました。

第33回G杯グレ 優勝の篠原選手はこちら

私は副競技委員長として、皆さんをお世話させて頂きました

発会式の自己紹介と抽選会は大いに盛り上がります

優勝は篠原選手、準優勝は赤峰選手、3位の城本選手、笑顔がナイス

全48名の選手の方々


後日改めてもう少し報告など・・。

釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
蒲江の山本真珠にある貸しボートを利用して屋形島周辺でオナガ釣り予定が・・

折からの気圧配置は今季最大級の西高東低となり、強風が吹き抜ける赤バエ周辺には近づく事は出来ません。やむなく竿を出したのは地の筏でした。私は筏上の小屋の傍で強風は受けませんが、会員たちは強風の中頑張って竿を振ってくれました。

7時集合15時納竿で私は完全ボーズ。強風の中、唯一マダイの釣果に恵まれたのは河野さんで小型を2匹。午前中は釣れませんでしたが、午後からは若干アタリは出た様です。湾内には赤潮の発生も有り、海中は赤茶色に染まっていて、とても蒲江の海の色には見えません。60アップがコンスタントに出る筏は時期的に厳しいのかもしれません。

お昼は山本真珠の格別な差し入れで、ヒオウギガイ・サザエ・トコブシなど、海の幸を皆で満喫しました。おかげで持って行った弁当は手を付けませんでした。

御馳走様。ありがとうございました。

8人で船からの釣りを中止して地の筏で一日を過ごしました



釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
第4回大会が大分県内一帯で開催されました。

基本的に大分市内での受付ですが、県外からの参加者や磯や県南に釣り座を構える参加者は電話受付も可能な大会です。検量時間は当初15時からでしたが、悪天候を考慮して1時間30分ほど繰り上げて13時30分に変更しての競技になりました。

私は昨日と明日も釣りの予定なので、のんびりと釣れる大在公共埠頭での竿出しを決めていました。6時30分の受付終了後はフアミリーレストランで朝食を食べてから、ゆっくりと釣り場へ向かい、昨日木村君に頂いたマキエに追加のオキアミを入れて準備完了。

大在公共埠頭は昼頃から足元の岸壁際が陰になるので、午後は足元でも良型が出る釣り場です。8時前から足元を狙って釣り始めましたが、アタリは全然出ません。オキアミ生・ボイル・ムキミ・ネリエなどをローティションしながらお昼を迎えてしまいました。

予備のオキアミとグレナビを追加してラスト一時間。13時前に最初の一匹が際で喰ってきました。底まで約9m位ですがオキアミ生を喰ったのは7.5mくらいのタナ。

2匹目は最後のマキエを15杯ほど撒いて、バッカン内に残ったカスをかき集めて更に3杯ほど打ち込んだ後に、オキアミ生の大型をハリに刺して投入。最後の一投が8.5mほど沈んだ地点で道糸がスルスルと伸びて、13時25分に規定数の2匹目が釣れました。

ラッキーな43㎝が釣れて2匹の合計が83.9㎝となり、準優勝を拾う事が出来たのです。

蒲江8名・大入島2名・臼杵1名・大在公共埠頭7名・大野川3名・鶴崎泊地1名・乙津泊地1名などでしたが、規定の2枚を揃えたのは4名だけで、その全てが大在公共埠頭でした。

優勝は天野さんで85.3㎝・準優勝は私・3位に野田さんで75.8㎝・大物賞は工藤さんの47.7㎝。大会役員・関係者のみなさんお疲れ様でした。ありがとうございます。

チヌは少なくなって、時折マルアジやサバゴが釣れる大在公共埠頭です



釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
来てくれてありがとう。
FX初心者の入門講座



ブログ内検索
厳選・特選リンク集
最新のコメント
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
今日の月の状態は・・
アクセス解析
バーコード
見た事ありますか?


大分港の潮は?
|
shinobi.jp